起業家応援します!淵江会計事務所

埼玉県さいたま市/JR武蔵浦和駅より徒歩30秒
メールでのお問い合わせ

トピックス

報酬・料金等からの源泉徴収のポイント

事業者が源泉徴収すべきものには、給与所得、退職所得、配当所得、報酬・料金等がありますが、特に報酬・料金等については会計ソフト等による対応ではなく手作業で処理するため、判断に迷うところが多いようです。そこで、以下、ポイントを整理してみます。

1. 根拠法

所得税法二〇四条等において、居住者(国内に住所を有し、又は現在まで引き続いて一年以上居所を有する個人)に対して、報酬・料金等の支払いをする者は、支払いの際に源泉徴収し、原則として翌月十日までに国に納付することになっています

2. 源泉徴収義務者

法人・個人を問わず義務がありますが、給与等の支払いがない個人又は常時二人以下の家事使用人のみに対して給与等を支払う個人は、ホステスなどの報酬・料金を支払う場合を除き、源泉徴収を行う必要がありません。

3. 給与等に該当する場合

報酬・料金等が給与等又は退職手当等に該当する場合は、給与等又は退職手当等として源泉徴収します。

4. 法人に対して支払う場合

内国法人に対して支払われる報酬・料金等については、馬主(法人)に支払う競馬の賞金のみが源泉徴収の対象となります。

したがって、税理士や弁護士などの報酬を支払う場合、相手方が個人であれば源泉徴収が必要とされますが、税理士法人や弁護士法人などの法人組織であれば源泉徴収の必要はありません。

5. 消費税の取扱い

報酬・料金の金額の中に消費税及び地方消費税の額が含まれている時は、原則として「消費税等を含めた金額」が基準となります。ただし、支払いを受ける者からの請求書等において、その報酬・料金等の額と消費税等の額とが明確に区分されている場合には、その報酬・料金等の金額のみを源泉徴収の対象とする金額として差し支えないとされています。

詳細は以下の関連情報をご参照ください。